栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



原本B

生物情報

カイコ

翻刻

万葉集十一養子かふこ歌にたらちねのはヽがかふこのまゆごもりこもれるいか
をみんよしもがなとありかふこ和名抄蚕和名加比古一訓古加比須

書き下し

現代語訳

万葉集十一に養子かふこ歌に「たらちねの母が飼うカイコが繭にこもるようにわが心もこもってしまう
愛しい人の顔がみられないので」とあり。かふこ和名抄*1では蚕和名加比古カイコまたは古加比須コカヒス

備考

万葉集では、「カウコ」、和名抄では「カイコ」と変化が見られる。
カウ、カイは「飼い」であり、「コ」がイモムシを意味するのだろう。
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます