栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



原本B

生物情報

翻刻

沙ノ性ヨク吸寄
ル功スルトナリ凡
眼中ニ物ノ入タル
ニ水ニテ堅シメ此
モノヽ細末ニシ
タルヲ子リ微
長クホウレイ
綿ニ付テ眼ニハ
サムベシ此時ニ
入タルモノ立二
出又旧時入
タル塵埃ト雖
共吸出ス事妙ナリ
予往年鹿
角ヲ焙リ石
臼ニテツキ粉ニスル事
アリ眼ニ入ルニ三角ニシテ
蕎麦子ノ大サナリ痛不可忍
此物ヲ新ニ粉ニシテ子リ綿ニ着テ眼ニ挿ム
須更ニ尖角踊出つ。立所ニ痛苦ヲ免ルタリ
小児鵞口瘡ニ食塩少許ヲ入レ此末ヲヌリ
擦ツケ置ハ口熱ヲ去リ漸々ニ白キモノ
剥去ル本草附方*1ニ小児口瘡ヲ
治ス

原蚕ナツゴ*2作ノ繭形円ニシテ軟ナリ春子ノ緊小ニシテ
クヒレアルニ異ナリ
其品ナル種子ニ至レハ四五蚕一繭ニ入ル其状異ニシテ
醜シ亦八蚕一繭ニ入ル甲州方言八人枕ト云

書き下し

現代語訳

(蚕)−沙の性質はよく吸い寄せる
効能がある。たいてい
眼に物が入った時は
水で堅めたものを
細かい粉末にして
練り、細長くほうれい
綿につけて眼にはさむ
とよい。この時に
入った物は立所に出る
また、昔入った
塵埃であっても
吸い出す事、すばらしい。
私は過去に鹿
角ヲ焙り石
臼にてつき粉にしていた時、
眼に三角で
ソバの実程のおおきさで、痛くて耐えられない程だった。
此物を新たに粉にして練り、綿につけて眼にはさむと
しばらくして、尖った角が躍り出た。たちどころにに痛みが治まった。
子供の鵞口瘡*3に食塩を少しばかり入れこの粉末を
ぬりすりつけておけば、口の熱がなくなり、だんだん白い物
剥がれ去る。本草附方に子供の口のできものを
治すとある。

原蚕ナツゴ作る繭は円形で柔らかく、ハルゴの固く小さく
くびれがあるのと異なる。
その卵となると、四、五匹が一繭にはいったりして、醜い。
また、八匹の蚕が一つの繭に入る事を甲州*4方言で八人枕という。

備考

タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます