栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



生物情報

テヅルモヅル

翻刻

枝條細ニ分チ海松*1等ノ
海藻ニ侶タリ活スル時節々
柔軟ニシテ蠕々トシテ動キ
延縮自由ナリ一躰ハ
虫類ナリ介ニテモ草
ニテモナキ者也

摂州兵庫ノ海中ニ産ス方言テツルモ
ヅル 又テンツクモンツクト云漁人網ニカヽ
ルヲ取ル海燕及海盤車ノ異品ナリ全

書き下し

現代語訳

枝は細かく分かれてミル等の
海藻に一緒にいる。活動する時は節々が
柔軟に動き
伸び縮み自在である。これは
虫類であり、貝でも草でもない物だ。

兵庫の海中でとれる方言テツルモ
ヅル又テンツクモンツクという。漁師の網にかかって
取る。海燕*2海盤車*3の変わった仲間である

備考

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます