栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



生物情報

翻刻

(右頁)
□□とひたす□辞して侍れと
□所も見そなはせ□れはさきに永壽院法印の□
□方の側にならひ之しひ高の需にいなみ難く
□後ここに柄□地か丈筆をとれり
 文化辛未秋日
 従五位下越前守藤原清□識

(左頁)
春園栩々碧□*1粉香秋軒凄其白露促織
能供詞客之料違*2山十里青林楽部数畝
庭砌草菜鼓吹宜邊幽閑之興物微而槐
技為国類繁而屋台護王以知体統者 結
繭而衣民□布綱而助覇業雖負山之
翼避翠紗之□已逞拒車臂得勇敢之
称其種繁富隋地変形方殊名啻数
千萬矣哉余□著虫譜一巻只捜索為典
実而已頃舅叔栗本瑞見法眼画其状施
丹青題曰千蟲図而嘱叙於予々曰虫豸
之衆多何能蓋図為矣其大者南海有専

書き下し

現代語訳

備考

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます