栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



原本B

生物情報

イモリ

翻刻

蠑螈 一種全体純赤者所稀得但千萬中一二而已文化三丙寅
年三月十五日親観而為奇品姑図以同
好君子尓

赤者背上赤赭色
腹下丹朱鮮紅可
愛形比于尋常者
即稍小也

書き下し

現代語訳

蠑螈 一種全体が赤いものを稀がとれる。ただし、千万に一、二匹である。已文化三丙寅*1
年三月十五日自分で観察し、珍しいものとする。姑*2図以下同一の物である。
好君子尓

赤いもの葉背が赤土色で、
腹の下は鮮やかな赤色である。腹下丹朱鮮紅可
*3形は普通の物と比べると
やや小さい。

備考

田園の減少、護岸工事に伴い一部自治体では準絶滅危惧種に指定され、
捕獲を禁止する自治体もある。
全身の赤いイモリは現代でも時々発見される。突然変異と考えられる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます