栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



生物情報

翻刻

似蝶非蝶其翼透明無粉

巳卯五月園中獲之

十月頃桑樹上野蚕蛾ニ化スルモノ図ノ如シ ノラヲコ
テウニナリタルナリ
万葉集十二下桑子クワコ歌ニなかなかにひととあらずはくはこにもならまじものを
たまのをばかり 按ズル二 クハコノ蚕蛾は雌雄はなれぬものと■フ■
ナリ又国書*1十四二つくばねのにひぐはまよのきぬはあれど君
かみけししあやにき
ほしも和名抄 桑蠹
唐韻云□(虫へん+象)和名クワマユ
桑蠒即桑蚕也

書き下し

現代語訳

蝶に似ているが蝶ではない。その羽は透明で粉が無い。

巳卯*2五月に園中で之を捕える。

十月頃、桑の木の上に野蚕が蛾になったもの、図のようである。 ノラヲコ
が蝶になったものである。
万葉集十二下の桑子クワコ歌に「人としていきるよりも、クワコにでもなったほうがいい。
短い命であっても。」 按ズル二 クハコノ蚕蛾は雌雄はなれぬものと■フ■
ナリ又国書十四二「筑波嶺の新芽で育った繭の衣があるけれど、君の
貴方の着たきものこそ、着て
みたい。」和名抄*3 桑蠹
唐韻云□(虫へん+象)和名クワマユ
桑蠒とは桑蚕である。

備考

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます