栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



生物情報

翻刻

(右頁)
再題自我虫譜
寛永甲寅瑞見辱奉
台命講本草於医学兼□訂薬物十八年于兹多
識鳥獣草之名雖然世々不乏其人著書行于世
者可汗百牛也至集彙虫類者寥々無聞為豈不
缼典乎公私之暇以此為年毎獲一虫樊以養之
手自写真彙類附説亦十八年于今図説遂盈巾
衍因釐為二帖其面背皆虫一一附説可至千数
同行之士其人著書行于世
者可汗百牛也至集彙虫類者寥々無聞為豈不
缼典乎公私之暇以此為年毎獲一虫樊以養之
手自写真彙類附説亦十八年于今図説遂盈巾
衍因釐為二帖其面背皆虫一一附説可至千数
同行之士講虫部者據此図説則未必無小補云
 文化八歳次辛未冬日 栗本瑞見昌蔵誌

(左頁)
もろこしのいにしへ□□□のおほく鳥獣薬木
の名をしると作られし□□□あ□ことなるべし
ここに栗本法眼は九□しのはさらなり
本草の学にも御□りべく寛政□のへと□
のとしに理 □□をくけ□は□て医学□
□してかの書を講しかねて薬の所々を見□た
□ら□□を年久しか□は□□に□□□□
して□に□たへ□まふこと□なりぬ此□□の
むしの□すなはちそのかちの一つなり年月
の□と□□おほろけな□□る□は見□
人□しはかり□□へしわきて□□の蜮

書き下し

現代語訳

備考

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます