栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



原本B

生物情報

翻刻

吉丁虫 本綱䘀螽附録出之蔵器曰甲虫也背正緑有翅在甲下出
嶺南土人取帯之令人喜好相愛媚薬也又時珍曰宋郡益部記云利州山
中金虫其躰如蜂緑色光如泥金俚人取作婦女釵鐶之飾者即是也
正字通云緑金蝉即爾雅蟥䗗一名吉丁虫背緑翅在甲下
屈大均廣東新語曰金花虫大者如斑猫有文釆
其背正緑如金緑如金貼有翅在甲下一名緑
金蝉喜蔵朱種花中一々相交取帯令人相媚 昌蔵謹按当作緑金蝉
右諸説ヲ考レハ爾雅ノ蟥䗗一名吉丁
虫又名緑金蝉ナルモノ和名タマムシナリ
金虫及金花虫ト云モノハ別ニ一種アル事
不知シテ首飾トナスト云ニヨツテ混シテ説
ヲナス後ノ見ルモノ能辨別スベシ稲若
水著麻物類纂ニ金亀子アル事ヲ不知故ニ誤充
ナリ今此玉虫高貴ノ婦人粉中ニ養貯テ秘
蔵セル事ハ至テ舊キ事ナリ加茂長明カ四
季物語ニ此事ヲ載置ルヨシ同僚徹渓ノ
勁茲岡君自筆シテ贈レルマヽニ左ニ貼出ス

長明の四季物語に八月のところに
みなりはうつくしう玉むしなどいひて

書き下し

現代語訳

吉丁虫 本綱䘀螽附録*1にこれがでる。蔵器*2がいうに甲虫である。背は緑で甲の下に出る。
嶺南地元民はこれを採って身に着ける。人喜ばしお互い愛し合う媚薬である。また、時珍*3曰宋郡益部記((書名
?))では利州*4
中で金虫、その体セイボウ*5の様で色は金泥のように光っている。里の人はこれを取って女性のかんざしや腕輪作り飾る
屈大均*6廣東新語*7でいう金花虫、大きい物は斑猫の如く紋がある
その背、金緑の如く緑で、金を貼ったような下翅が甲の下にある。またの名を緑
金蝉。喜蔵朱種*8花中一々相交取帯令人相媚 私が謹んで考えるに、当作緑金蝉
右諸説を考れば爾雅の蟥䗗一名吉丁
虫又の名を緑金蝉というものは和名タマムシである。
金虫および金花虫というものは別の一種である事
しらず、首飾りとなすという混同した説
をなす。後に見る物と、よく分ける事。稲若
*9著麻物類纂*10に金亀子がある事を知らない。なので、間違って充てている
今、この玉虫は高貴ノ婦人おしろいに入れて秘
蔵する事は大変むかしの事である。鴨長明(()が加茂長明カ
四季物語*11にこの事を載せるのは、同僚徹渓ノ
勁茲岡君の自筆で贈ってきたまま、左に貼出す

長明の四季物語に八月のところに
みなりが美しい人、玉むしなどいいて

備考

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます