栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



生物情報

翻刻

松毛ムシ

梅樹ノ毛虫

書き下し

現代語訳

松につく毛虫

梅の木についていた虫

備考

 このページには最低7種のイモムシが描かれている。
‐礁喘遒呂そらくマツカレハ。
梅樹ノ毛虫はドクガの仲間。葉の上にのっている方は黄色いブラシ状の毛束(黒いブラシ状毛束もあり?)と
黒とオレンジのラインが特徴的。葉の近くに描かれた物が同種かは判断に苦しむが、黄色い毛束黒い疣、頭上に赤い斑紋が見られる。
左頁左下が、ヒメシロモンドクガ。
ぞ礁咼爛靴里靴拭体に対して毛が非常に長い毛虫の二つの図は同じ種を写した物だろう。
ダ屬ね佞砲里辰震喘遏9白の斑とオレンジのラインが特徴。
すぐ下の丸まっているのは同種か?
η澆陵佞砲里辰討い襪隼廚錣譴訝秧Г量喘
同上梅の葉にのっていると思われる黒い毛虫

専門家の意見を待ちたい。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます