栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



原本B

生物情報

翻刻

己巳夏月鷲巣氏庭虫得之
蛄蟖イラムシ巣ヲムスブ事小指大
ノ如ク斑アリ雀甕一名天漿子ナ
リ此蛄蟖紹興備急本草ニ俗称
八角虫ト云ヘリ

虫目ガ子ニテ見ルニ大サ図ノ
如シ常ノ毛虫ト異ナル事ハ其
毛生スル処瘤ノ如ク高ク起
ルサイカシノ刺ノ如キモノ一
処ニ集リ生ス眼ハイツレニア
ルヤ
ミヘズ

書き下し

現代語訳

己巳*1夏月に鷲巣氏が庭でこの虫を得た。
蛄蟖イラムシが繭をつくると小指くらいの大きさで、
斑アリ雀甕といい、また一名天漿子である
此蛄蟖紹興備急本草*2に俗称
八角虫という。

虫眼鏡でみると、図のような大きさ。
普通の毛虫と異なる事は、
毛の生える所がこぶのように高く起き
サイカチ*3の刺のようなものが、
一箇所に集まり生えている。眼はどこにあるのだろう。
見えない。

備考

何も書いていないが、激しい毒があり、
触れると、電撃が走るような痛みがあるという。
(編者未経験)
扱いにはくれぐれも気をつけた上で、
刺されてみたい人だけが自己責任で挑む事。
アフターケアの用意も忘れずに。
タグ

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます