栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



生物情報

翻刻

三才図絵孑々一名釘倒虫奥州方言テンカクムシ
備前シリフリムシト云
打拳蛆孑々虫ナリクロボウフリ其小者虫目
鏡ニテミタル図 尾円くウスク団扇如シ

赤ボウフリ春ノ末蚊ニ化ス
色赤ハシ柔ニシテ人ヲ螫ズ虫眼鏡
ニテミルニ其眉シダノ葉ノ如ク細
巧言外ニ出ス此眉毛中ニ小虫アリ
ワクモノ如ク捷趨ス一奇㕝ナリ
コレ焦螟巣於
蚊睫ト云モノ
恐クハ此
類ナラノミ

書き下し

現代語訳

三才図絵では孑々。一名釘倒虫。奥州*1方言テンカクムシ
備前*2シリフリムシと言う
打拳蛆孑々虫である。クロボウフリ。小さい虫なので、虫眼鏡
で見た図。尾が丸く、薄くうちわのようである。

赤ボウフリが春の末、蚊になった。
色は赤くて柔らかく、人刺さない。虫眼鏡 
で見るに、その触角はシダの葉のように細く 
素晴らしいこと、言葉にならない。この触角に小虫がいた。
ワクモ*3のように俊敏で奇妙なことである。 
これは蚊のまつげに巣をつくるという。
焦螟*4というもの
おそらくこれの
仲間ではないか。

備考

B本には触角に描かれたダニが描かれていない。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます