栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



原本B

生物情報

翻刻

赤クラゲ 又シヤグマクラゲト云腹ノ長毛赤熊シヤグマノ毛ノ如
 シ故ニ此名アリ備前皃嶋及勢州鳥羽海中ニ産ス薩州
 方言イラト云モノヽ類也大毒アリ人手ヲ触ルレハ蕁麻イラクサ
 レタル如ク腫痛忍ヘカラズ又麻木疼痛ス赤 毛落テ
 醬蝦アミノ中ニ雑ル事アリ誤食ヘハ 腹膨悶乱
 シテ死ニ至ルモノ
 アリ怖ルヘキ
 モノナリ
 乾燥スル
 モノ粉ニシテ
 嗅バ
 辛辣
 胡椒ノ気
 アリ立ニ嚔
 ル事猪牙皀莢
 ノ末ニ似タリ大
 毒アリト云テ漁人モ
 捨去ナリ丹洲按ニ本草毒草部毛莨
 附録ニ所載ノ海薑ナルモノ是ナリ弘景注鉤吻云海薑生海中赤
 色状如石㡣芮有大毒云々此赤クラケノ形状恰モ石㡣芮タガラシ葉様ニ似
 タリ其乾キ粉ニナリタルモノ辛辣ノ気乾姜ノ如シ憶ニ能其状
 ヲ説得タリト謂ベシ姑ク図説ヲ設テ同好ノ君子ニ尓スト云

書き下し

現代語訳

赤クラゲ 又シャグマクラゲという。腹の毛が赤熊シヤグマの毛のよう
 なのでこの名アリ。備前*1皃嶋*2及び勢州*3鳥羽の海中に採れる。薩州*4
 方言イラという物の類である。猛毒があり、手が触れれば、蕁麻イラクサに刺
 れたかのように、腫れて痛みたえがたい。また、 又しびれ、じんじんと痛む。赤 毛が落て
 や、醬蝦アミの中にまじる事がある。間違って食べれば、腹が膨悶絶
 して死んでしまう者も
 いる。恐ろしい
 ものである。
 乾燥させた、
 物を粉にして
 嗅ぐと
 非常に辛い
 胡椒の香り
 がある。すぐにくしゃみが
 出るのは、猪牙皀莢*5
 の粉末に似ている。猛
 毒があるといって、漁師も アリト云テ漁人モ
 捨て去る。丹洲思うに、本草*6毒草の部の、「毛莨」
 附録に記載されている「海薑」というものこれではないかと。弘景注*7鉤吻*8では、「海薑」海中に生き赤 
 色で石㡣芮*9の様で、猛毒がある云々。この赤クラケのかたちも、まるで(タガラシ){石㡣芮}葉に似て
 いる。その乾した粉になったものは、とても辛い臭いがして、乾姜*10ノのようだ。推測するに、よくその様子
 を説明にあうと言える。しばらく、図説を設けて、同好の君子に尓ス*11ト云

備考

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます