栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



原本B

生物情報

翻刻

(右頁上段)
莞青 蛮名カンターリイ

スパンスフリーギト云是イスパニヤ国
ヨリ産スル蝿ト云義ナリ云紅毛ノ唱
ヘナリ

(右頁下段)
斑猫蛻殻
已未夏日吉田瑞玄贈二枚
右落合村水辺ニ穴シテ居
リ脱セサル前不美其蛻
シテ後ハ至メ美ナリ

(左頁上段)
莞青ノ類甲金翠美
ナリ有角天牛ノ如シ

(左頁下段)
蜣螂一名銕鋼将軍又推車客

子負ムシ甲至テ堅シ物ニアタリ地
ニ落レハ足ヲタヽミ込テ丸クナル歩ム時
ハ羽ヲタヽミテ甲下ニ納ム甲高ク光
滑ナリ仰テハヂケバグルグル々ト回ル直ニ手ヲ
伸シテ俯ス飛ントスレハ羽ヲ甲外ヘ出シ
下二付テ飛モアリナキモアリ子ハ赭
色ニシテ形タニノ如シケシホドアリ能走
実ハ此虫ノ虱ナリ子ニ非ズ

書き下し

現代語訳

(右頁上段)
莞青 外国語カンターリイ

スパンスフリーギという。白人がいうには、これはスペイン
から採れる蝿という意味であるという。

(右頁下段)
ハンミョウの抜け殻
已未*1夏日吉田瑞玄*2に贈る二枚
右のもの落合村の水辺に穴をあけて、その穴の中に
いる。脱皮する前はうつくしくなかったが、脱皮後は
大変美しかった。

(左頁上段)
莞青の類甲羅は、金に輝く緑色で美しい。 
カミキリムシのような触角がある。

(左頁下段)
蜣螂*3 一名鉄鋼将軍また、推車客

コオイムシの甲が大変固い物である。地
に落ちれば、足をたたんで丸くなる。歩く時
は羽をたたんで、甲の下にしまう。甲が高く光り 
滑らかである。仰向けにしてはじくと、ぐるぐるとまわる。すぐに手を 手ヲ
伸ばして、うつ伏せる。飛ぼうとすれば、羽を甲の外へ出し
飛ものもあり、飛ばないものもいる。子は赤
色で、形ダニの様でケシの実ほどあって、よく走るが、 
実はこの虫のダニで、子ではない。

備考

カンターリはジョウカイボン科カンタリス・ウェシカトリア(Cantharis vesicatoria)から
来ていると思われる。カンタジリンという毒の語源でもある。皮膚につくと痛みを感じ、水疱を生じる。

(左頁上段)
同じくカンタジリンを持つ、アオカミキリモドキと思われるが、専門家の意見を待つ。

またの名を鉄鋼将軍という虫はセンチコガネの仲間と見える。
ツヤがあるとの事だが、図の甲羅にはすじが描かれているので、
ダイコクコガネ類の雌ではないかと思われる。専門家の意見をまちたい。
しかし、丸くなった所をはじいてグルグル回すとは、丹洲も中々の童心の持ち主である。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます