栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



原本B

生物情報

翻刻

(右頁)
蟶 筑後柳川産 方言 アゲマキ 爰ニ図スルモノハ形ノ大ナルモノナ
リ小ナルハ多クアリ口ノ合セメノ上下ト両端スキテ内ノ肉ミユル
モノナリ殻薄クモロシ破砕シヤスシ
日東魚譜云蟶
蛤 壽祐
一名玉
筋蟶 閩書
蝏䗒 綱目
和名ア
ゲマキ
ヲダマキ
クタマキ
並象殻身之形也
藏器曰蟶生
泥海中長ニ三寸太如指両頭開 拾遺 是亦
有于西土而関東無之気味甘温無毒主
治補虚主冷痢煮食之去胸中邪熱煩
悶飯後食之与服丹石人相甜I愎融
後虚損其図挙于下

(左頁)
アゲマキ其肉干腊者如此堅ク透徹黄色頭ハ刀豆花ノ形ニ似タリ尾ニ両
條ノ紐アリ蝸牛角ノ如ニ〆大ナリ

アハセメ

肉一頭ニ出
物ニフルレ
ハ縮入ス
尾ハ凹ニ〆黒シ偶ニ
二尖ノ尾アルモノ
アリ肉白ク細■薄幕アリ味トコブシノ如ク生鮮ノモノ三盃酢ニテ酒媒ト
ナスベシ鮮肉白ク透明軟ニ〆味ヨシアハビノ気味アリ

書き下し

現代語訳

(右頁)
蟶 筑後*1柳川産 方言 アゲマキ ここに図したのは、姿が大きい者である。
小さいものはたくさんあり、口の合わせ目の上下と両端が透けて、中の肉が見える
ものである。殻は薄くもろく、壊れやすい。
日東魚譜*2云蟶
蛤 壽祐*3
一名玉
筋蟶 閩書*4
蝏䗒 綱目*5
和名ア
ゲマキ
ヲダマキ
クタマキ
並べて描いた殻の形である。
藏器*6が記すところによると、蟶は
干潟の泥の中に生息しており、長さはニ三寸*7太さは指くらいで、両端が開閉する。 拾遺*8また、これは
西日本にいて、関東にはいない。気味は*9甘温*10無毒で、主に
補虚*11冷痢*12を治す。これを似て食えば、胸の中の、邪熱煩
*13飯後食之与服丹石人相甜I愎融
後虚損其図挙于下*14

(左頁)
アゲマキ その肉を干した物はこのようなものである。かたくて黄色く透き通る。頭は刀豆花*15の形似ている。尾に
二筋のひもがあり、カタツムリの角のようで、大きい。

アハセメ

肉の頭ニ出る
物にふれれば、
縮んで殻に入る。
尾はへこんでいて、黒い。たまに
に尖った尾のあるものも
ある。肉は白く細■*16薄い幕があり、味はトコブシのようである。新鮮なものを三杯酢で酒のつまみにする
とよい。新鮮な肉は白く、透明でやわらかく、味はいい。アワビの香りがする。

備考

ナタマメの花に似た頭とは、腹足のことで、
二股の尾は出水官と入水管で上下を間違えているようだ。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます