栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



原本B

生物情報

翻刻

(右頁)
金海参 キンコ 奥州金華山海中産肚皮上粟粒ノ如キ㾦㿔アル
三條ノミニニテ刺ナシ本草従新所謂光
参是ナリ腹中ニ砂子ナキヲ異トス
又一種ノ光参アリ形大皮厚硬味下
品ナリ肥技乙
瓜皮参ノ名アリ
コレ八重山串子ナリ

(左頁)
仝右其活者非其産地人不得親観為文化乙亥冬月塩水醃
藏者偶得之作図此仙臺毉員大槻子煥所贈也壓扁
皮爛而損真形予一覧為遺憾 因想像而作
此図観者察識乃思過半耳
蝦夷地海中ニフジコト称ス色藤花
色ヲナス故ニ此称アリ奥州金花山
ノ産ノ如ク黄腸ノミアルモノ稀ナリ
其物ヲ採乾事ヲ土人不知近年採乾
ニ其法ヲ得サルユヘ形壊テ其用ニ中
ラズト聞ケリ

(赤字)
㠯上説可在後條誤入干此條為

書き下し

現代語訳

金海参 キンコ 奥州*1金華山の海中産。腹の皮上にアワ粒のようなブツブツがある。
三條だけで、刺はない。本草従新*2いわゆる光
参がこれである。腹の中に砂がないのがめずらしい。
また一種の光参で、形が大きく皮が厚く味が劣る 
ものがある。肥技欧よび
瓜皮参の名がある。
それは八重山の串子である

(左頁)
同じ右その生きているものを現地の人しか手に入らない。よく見るため、文化乙亥*3冬、塩水塩
蔵の物を偶々手に入れ、それを描いた。これは仙台の医員大槻子煥*4が贈るものである。形状は押しつぶしたように平らで
皮は腐って、真の形を損なっていた。私は残念に思った。だから、想像で、 因想像而作
この図を描いた。大半は色々考えて。*5
蝦夷地*6の海中には、フジコという、色がフジの花の
色をするため、この名があるものがある。奥州金花山
の産のように、黄色い腸だけがあるものは稀である。
それをとって、乾かす事を、現地人は知らなかった。近年採って乾かす
その方法を得なかったので、形が壊れて、それを用いるには
あたらないと聞いた。

(赤字)
㠯上*7説可在後條誤入干此條為*8

備考

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます