栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



原本B

生物情報

翻刻

(右頁)
蝦夷*1松前三馬屋海
浜産。方言ウミネヅミ
筑前*2方言 海ウサギ
海シカと言う。水戸では
ベイコ佐州*3
は赤ベカ摂
*4兵庫の津
ヱンカウバウ房州*5
ザウモという。様々な州の海辺に
皆いるので、方言が多い。
本綱*6石蚕附録の雨
虎である。
薩州*7方言ムラサキ 
寛政中*8渋江長白   将軍の
命をうけ、蝦夷*9に、行ったとき、三馬屋で硬い
岩の上でこれを得て、図したものが、これである。

(左頁)
同右の海辺、砂の上にいて、蛞蝓のような二本の角がある。人がさわると、尾の上の孔から
紫の汁を出して、砂や石を染める。薩州の方言
ムラサキトいうものは、このものと同じ。松前にかぎりある
物ではない。その紅色の汁を出すのにちなんで、ヱンコウ
ボウ*10ともいう。 神田玄泉*11の記した日東
魚譜*12の中に西国方言海鹿ウミシカ参州*13
言ウミメウジ相州*14方言ジヤウモダ
シというもの、海べでとれる。水生の血吸ヒルに
にて、長さ五六寸*15頭に尖った耳があり
まるでオスの鹿の頭ににている。これに触ると
出血するので、これらの方言がある。
へりに肉のすそがあり、目はない。背は黒
茶色で、腹に、白い灰で、小イボや粟粒を
まいたよう。腹は赤茶色の物あるという
のは、このものである。

書き下し

現代語訳

(右頁)
蝦夷松前三馬屋海
濱産方言ウミ子ヅミ
筑前方言海ウサギ
海シカト云水戸ニテ
ベイコ佐州ニ
テ赤ベカ摂
州兵庫ノ津
ヱンカウバウ房州
ザウモト云諸州海濱ニ
皆アリテ方言多シ
本綱石蚕附録ノ雨
虎ナルベシ
薩州方言ムラサキ 
寛政中渋江長白蒙   台
命蝦夷ニ至ル時三馬屋中甲
岩上ニテ得之即所図之モノ是也

(左頁)
同右海濱砂上ニ有之有角蛞蝓角ノ如シ人觸ル時ハ尾上ノ孔ヨリ
紫汁ヲ出シ沙石ヲ染ム薩州ニテ方言
ムラサキト云モノ此物ト同シ松前ニ際リアル
物ニ非ズ其紅汁ヲ出スニヨリテヱンコウ
ボウ共云ルヨシ 神田玄泉所者日東
魚譜ノ中ニ西国方言海鹿ウミシカ参州方
言ウミメウジ相州方言ジヤウモダ
シト云モノ海濱ニ産ス形蜞蛭ニ
似テ大長五六寸首有耳角
恰モ牡鹿頭ニ似タリ觸之
出血故此等ノ方言ア
リヘリニ肉裙アリ目ナシ背黒
褐ニ〆腹灰白ニテ小㾦㿔粟粒ヲ
撒スルカ如シ腹赤褐色ノ者アリト云
ハ即此物也

備考

一部ナマコの説明文がくいこみ、
ウミウシの説明が欠けている?

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます