栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



生物情報

翻刻

(右頁)
蜥蜴一種カナヘビ形痩テ尾長ク木ノ板ヲツタワリ
走ル事速ナリ道灌山ニ産ス尋常ノ石龍子尾ノ紫翠ニ〆
美ナルモノハ庭際石垣ニノミ住テ地上ヲ走ル事疾捷ナリ木
枝ノ上ヲ走ル事ナシ此モノト性異ナリ

古今注釈蝘蜓一名
龍子善上樹捕
蝉食之甚長細者是


(左頁)
䱱魚児 サンセイウ魚ノ初生
淡海琵琶湖ヘ落ル山川渓水中春月落
葉ノ積リタル処ニアリ頭ノ邊両方ニ松毛ノ如
キ毛三本ヅゝ生ス育テ長大ナル■ノハニ
尺三尺ニ至ル山アンコウ ハンザキト云モノ
ナリ別ニ図アリ

書き下し

現代語訳

蜥蜴の一種カナヘビ 姿はやせていて、尾が長く、木の板をつたって
走るのが速い。道灌山でとれる。普通の石龍子*1の尾が紫翠にして
美しいものは、庭際、石垣にのみ住んでいて、地上を走るのがすばやい。木
枝の上を走る事はない。この物と性質が異なる。

古今注釈*2蝘蜓一名
龍子はよく木に上りセミ捕らえ、
食べる。これは大変、長細い者。これ
である。

(左頁)
䱱魚児 サンセイウ魚ノ初生
淡海琵琶湖ヘ流れ込む山川渓水中の春月に落
葉の積っているところにいる。頭の両辺に松葉のような
毛が三本づつ生えて育って大きくなる■*3
ニ尺三尺*4にもなる。山アンコウ、ハンザキというものである。
別に図あり

備考

めざしのサンショウウオの件やこの記述をみるに、
スケッチブックのようなものを別にもっており、
そこからいくらかまとめて描き写しているようである。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます