栗本丹洲著「千虫譜」のデータベース的なものを作りたい



原本A

生物情報

翻刻

書き下し

現代語訳

備考

右ページの腐生植物(?)の記載、A本になし。
植物の根もとに頭から二三寸(約3cm〜6cm)の粉を吹いた毛が生えていると記している。
丹洲はこの虫から生じた冬虫夏草ではないかと推測しているが、
明らかに植物の特性があるので菌類ではない。
たまたまカビや菌類の生えた虫が、腐生植物の根基に落ちていたと考えられる。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

原本から探す

原本A

上巻

中巻

下巻

原本B

一巻

二巻

三巻

四巻

五巻

六巻

七巻

八巻

九巻

十巻

生物から探す

用語集

ミニレポート

参考文献

外部リンク

メンバーのみ編集できます