千虫譜ウィキ - 原本A1-4


原本B

生物情報

翻刻

(右頁)
千蟲帖叙
医官丹洲栗翁示茲帖曰此吾五十年来苦心所描
請子一言余閲之則蠢動蛇蜒之属約千数百種巨
細繊悉各有生意又附以考證明晰核博周而不遺
其意在使人覩其形状而知其主治庶幾乎用薬之
一助矣蓋翁於赭鞭之学苦刻覃思毎遇一物輙辨
真偽訂同異而又知其所産地方山川険易土地肥
礴其著論之確辨證之博海内莫不㰸袵為況於余
之固也対此益以羞赧驚㤥耳若夫世之嗜辨物者
且夕展玩為則於博覧辨名必無輔益也
 文化壬申初秋  東岳島司直

(左頁)
医の薬に用る草木を始とし□□□□□〱の虫
をあつめ□の数匹も餘りぬとやこれを画するは侍
医栗本瑞見法眼也もとより赭鞭の□□を□
□として天つ地の中よろつの物のたへを明らかに
□□ま□知るを庸医のよく企及所にあらずいに
して永壽院御□しばしば□才の秀ずるを□誉
せしか□□予も折にふれて何□れと試るに□才の
弘く通達せし事道のり難しされば此書の成る
により序を予に需む予□より□□言の□の遂に
いささかたつさはりて虫といへは鈴虫松きり〱す
乃数は見るもし写もせしか限りなき数いはしるべき
もあらずすへて学の道に□らく□任耳あお

書き下し

現代語訳

備考